絶対的避妊はコンドームじゃなくピル

避妊と聞くとコンドームを想像しますがコンドームよりも避妊の確立が高いのがピルです。相手に任せて避妊してもらうだけではとても心配です。女性から避妊できるピルはとても重要です。

避妊に失敗して人工流産と避妊率

コンドームを使ったり、安全日を考慮した結果でも、運悪く妊娠した場合、人工流産に走る若者が少なくありません。子どもの望んでいない場合の避妊率は、国内で約40%と少なめで、この傾向は地方の場合だとされに少なくなります。多くは生の状態でペニスを挿入したほうが、お互い快感を覚えるためです。また外だしをする場合もあり、このときには下手すると妊娠する可能性が高いのです。特に若者に多く、子どもをまったく望んでいないなために妊娠したとなると、そのまま結婚もしないで、同性あるいは入籍することもあります。ただし、中年以降になると、中出しをすることがあります。おそらく妊娠しないという前提であろうかと考えられます。
仕方なく人工流産をするのは高校生が多いです。産婦人科に泣きながら駆けこむ女子高校生が多いのです。一方で避妊率は10~20代で多いですが、年齢があがるにつれて下がってきます。避妊を望む望まないの選択が明確にわかります。
避妊法は明治時代からあり、有名なのがオギノ式避妊法です。この方式によって避妊率が大きく上がり、高く評価されました。当時は人工流産がなかったので、無理もないことです。この方式現在でも使われており、高等学校保健体育の教科書でも大きく取り上げられています。
少子化進んでいるため、避妊法がいろいろ採用されています。多くは女性の生理日を考慮しながら避妊あるいは妊娠を計画しています。これからますます少子化が進んでいく想定ですので、避妊法は重要な課題になるでしょう。
子どもをつくるつくらないは個人の考え方ですが、社会情勢を見極めた出世率上昇に向けて、国や各自治体ではいろいろな取組みが行われています。