絶対的避妊はコンドームじゃなくピル

避妊と聞くとコンドームを想像しますがコンドームよりも避妊の確立が高いのがピルです。相手に任せて避妊してもらうだけではとても心配です。女性から避妊できるピルはとても重要です。

避妊薬を飲んでも排卵したりするケースがある?

ピルは正しく服用すれば99・9%の確率で避妊の効果を得られます。
コンドームでの避妊は、男性まかせとなってしまいますし、コンドーム自体が破損していては全く意味がありません。
女性が自分で行える避妊の方法が、ピルの服用なのです。

また、ピルは避妊目的だけでなく月経困難症や子宮内膜症の治療、ニキビの改善など幅広い治療に用いられています。
避妊目的以外にも服用するケースが、増えているのです。

ただ、ピルを飲んでも排卵するとった、ウワサを聞いた事のある方も多いのではないでしょうか。
妊娠のリスクを下げる為に飲んでいるのに、排卵してしまっては、避妊の効果はほとんどありません。
ピルを飲んでも排卵するケースは、実際にあるようです。

ただ、飲んでも排卵する場合は、ピルを正しく服用していなかった事が原因です。
ピルは21日間毎日飲んで7日間休むタイプと、21日間プラス疑似薬を7日間服用するタイプとがあります。
どちらのタイプも、毎日定期的に飲み続けなければ、排卵のリスクが高まってしまうのです。
正しく服用していれば、排卵してしまう事は無いので安心しましょう。

また、ピルを飲んでいると脱毛を断られてしまうというケースもあるようです。
ピルは女性ホルモンのバランスを変える作用がある為、エステサロンの中には脱毛により肌トラブルが起こりやすいと考えて、施術を断るケースもあります。
またピルを服用中は施術によって、シミができるリスクがあるという事で、脱毛を断るケースも少なくありません。

だだ、全てのエステサロンや脱毛サロンで、施術を断られるという事は無いので、まずは施術を受けたいサロンに相談してみましょう。
脱毛を受ける際は、事前にピルの服用をスタッフに説明する事が、後々のトラブル予防に繋がります。