絶対的避妊はコンドームじゃなくピル

避妊と聞くとコンドームを想像しますがコンドームよりも避妊の確立が高いのがピルです。相手に任せて避妊してもらうだけではとても心配です。女性から避妊できるピルはとても重要です。

避妊等の便秘にも効果あるピルと骨盤協会について

ホルモンの分泌を抑えることで、妊娠のできない状態を作り出す、低用量ピルというものがあります。避妊をするには低用量ピルの力は高いものがあり、きちんと服用していれば、まず妊娠をすることがありません。避妊用の低用量ピルを手に入れるには、産婦人科などの病院で、処方してもらいます。自由診療に該当しますから、保険が適用されないことを、予めよく覚えておくとよいでしょう。
低用量ピルの使い道は避妊だけでなく、ホルモンバランスや、生理に関する不快な症状の改善にも利用されています。生理前に便秘になりやすい人がいますが、この便秘は生理前に不快な症状を発症する、PMSでよくみられるものです。PMSによって定期的に便秘を繰り返すと、慢性的な痔の症状に悩まされる恐れがあることから、低用量ピルで改善を目指すのはよい方法です。
PMSの他、生理痛や生理不順などの原因に、骨盤の歪みが関係している可能性があります。整体やフィットネスなどの骨盤協会が全国に存在しますので、そのような骨盤協会のサービスを利用して、骨盤矯正をするのもおすすめです。骨盤協会でなくても、普通の整体院などで骨盤矯正を行ってくれる施設はたくさんありますので、口コミやネットの情報などを参考に、好みの施設で施術を受けてみるとよいでしょう。
骨盤矯正とは、骨盤そのものを直接動かすのではなく、骨盤周辺にまとわりつく、筋肉をほぐしてあげることで、その人に適した骨盤の位置にするというやり方です。筋肉が柔軟になれば、骨盤の動きがスムーズになり、滞った血流が促されますので、女性の生殖機能によい効果をもたらしたり、便秘の解消、足腰の冷えから身体が守られやすくなります。